どうして臭いが取れないの!?洗濯機のその臭い、意外なところが原因かも。。

 

 

 

 

 

湿気ただよう夏の季節、洗濯機の臭いが気になることがありませんか?洗濯槽の洗剤などいろいろ試しても臭いが消えない方、もしかしたら原因は洗濯機の外側にあるかもしれません。

 

 

 

洗濯機の外側?と意外に思うかもしれませんが、洗濯機の外側の排水管を見てみてください。図のように折れ曲がったり、登ったり下ったり、渦を巻いたりしている場合、これが原因である可能性が非常に高いです。

排水管は水の流れるべき方向へ下り坂になっていないといけません、しかしそれが上り坂になってしまっていると「逆勾配」という状況になってしまっています。詳しいメカニズムは省くとして、これは水道業界ではタブーとされている状態で、排水は流れることなく排水管、はたまた洗濯機の底に貯まってしまうのです。

その状態が長時間続けば、当然のことながら臭いを発するという状況が考えられる訳です。ひどい場合、汚れた水が洗濯物と混ざり合い・・・考えただけでもゾッとしますね。。

 

 

ではどうすれば良いのか?解決策はシンプルです。排水管の流れを整えて下り坂にしてあげればいいんです。図のような状態に改善されれば概ねOKです。

とは言うものの、なかなか大掃除でも手を出さない場所(汗)

一旦洗濯機を移動するなどの手順が必要になるためご家族の手を借りましょう!

 

 

 

 

ちなみにこの写真は筆者の自宅の排水管の様子です。理想の形に納まってくれない排水管を軽めの石で押さえて、流れを整えてあげました。

これにより洗濯機の嫌な臭いは完全に取り去ることが出来ました!

是非一度お試しくださいませ!(^^)!