コンテンツ

避けて通れない、外壁・屋根のメンテナンスリフォーム

戸建て住宅に住まう以上、避けて通れないのが外壁、屋根のメンテナンスリフォームです。雨風や紫外線に晒される建物の外皮は、遅かれ早かれその品質は低下していきます。定期的な手入れを怠ると雨漏れ、いずれは倒壊といった家の存続に関わる事態に発展して行きかねません。それもタチの悪いことに普段は見ることのできない部分から不具合は襲ってきます。早め早めの施工をお勧め致します。

通常建物の外壁のメンテナンスは10年~15年おきにと言われております。この数字の根拠は仕上げ材の耐用年数の相場から言われている数値でもありますが、もう一つの根拠があります。それは、雨の侵入に関わる部分や建物構造体に関わる部分で見えない瑕疵(”かし“と読みます。不具合の事を指します)があった場合の保証新築引き渡し後10年であることが多いからでもあります。つまり、10年を迎える前にメンテナンスして、もし瑕疵が見つかれば保証の範囲で直せる可能性があるからなのです。

外壁、屋根をリフォームしてきれいにする目的以外に、家のメンテナンスも兼ねることができる。これが大切な部分です。
永和建業ではこの部分にも力を入れております。建物の周囲に足場を組まなければなかなか見ることができない部分に目をやることでリフォームの前にするべき修繕を見逃さないよう心がけております。おせっかいかもしれませんが家の寿命を少しでも長く保って頂きたい思いから、もしそのような瑕疵を見つけた場合は細かくその状況、対応策をその都度ご相談申し上げます。

もちろん本題であるメンテナンス工事その物にも抜かりはございません。

建物の部位ごとの状況に合わせた塗料の選定(既存の仕上げ材との相性、ご近隣への臭害などを考慮しながら決定いたします)
色分けのご提案(日中の太陽の当たり方、夜間の街灯による見え方の変化などを考慮します)
足場設置時の防犯対策、工事期間中の自家用車の置き場所などのケア、様々な角度からストレスのない、質の高い工事をご提供致します。