昭島市 Y様邸 デッキ工事

施工期間5日間
施工費用約65万円

天然木のウッドデッキが腐っていました。やはり塗装のメンテナンスは大変ですよね。床下の束柱、大引き部分までのメンテナンスとなると、一般の方では難しいですね。今回は、床下の材料はアルミ製で、敷板と側面板が木樹脂製の物でやり替えました。耐候性、耐久性に優れ、メンテナンスが容易です。最近改良されたばかりの、 三協アルミ『ひとと木2』を使用しました。従来品よりデッキ表面温度の上昇を抑えられるようです。リアルな木質感とスタイリッシュな手摺フェンスの組み合わせで、素敵なデッキが完成しました。 塗り替えいらずで、お客様も大変喜ばれております。

使い辛かった外水道も、散水栓タイプから、立水栓タイプに変えました。
門塀横にありますが、植木とさりげない形で違和感なく整いました。