八王子市 K様邸 フローリング改修工事

施工期間1週間
施工費用50万程度

最近お部屋の床が歩くと沈むようになってきた、そんなお悩みをお持ちの方にお勧めな施工事例のご紹介です。

フローリングはよく歩くところや重い荷物が長時間置かれているところ等は徐々にフローリングが変形し、すり鉢状にたわむようになってしまいます。

そのまま放置するといずれは亀裂が生まれ、ゴミがたまったり、はたまたケガの原因となったりと非常に危険な状態に陥ります。

特に数十年昔のお宅は床の厚みも薄いため、そのような危険性が高くなります。

しかしながらそのような個所だけ修理してもつぎはぎになってしまう。全体を直してもあまり痛んでいないところまで交換するのは勿体ない、そんな葛藤に悩む方が多いようです。

そこでK様のお宅では特に劣化が激しい箇所のみの床を剥がして補修をし、その他の床は剥がすことなく、新たなフローリングを上張りするという工法を採用致しました。これにより補修した箇所のつぎはぎは見えなくなり、上張りにより床の厚みも増したため全体的な補強もすることができました。

床が厚くなったことにより扉の足元を切り詰めたり、諸々の付帯工事が発生致しましたが、トータルコストとしては総張り替えより圧倒的にお安く済ませることができました。

専用の”玄関框”を採用することできれいに仕上がりました。

玄関の靴脱ぎ場の段差も・・・➡